---[PR]------------------------------------------
子どもにゲームをやめさせる方法
子どものテレビゲーム中毒・依存症克服マニュアル

--------------------------------------------------

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2009年10月19日 | - | - | - |

ゲーム中毒・ゲーム依存症になりやすい環境・特徴とは 1

 誰でもゲームをしたことはあるでしょうけど、当然ながら

‘ゲームをした事のある人=ゲーム中毒’ではありません。

大抵の人はゲーム(テレビゲーム・パソコンゲーム・携帯式ゲーム)
を数ある遊びの1つと認識して、節度を保って遊んでいます。
一時的に嵌ったとしても、ゲーム中毒・ゲーム依存症に
見られる症状が持続する人は、決して多くありません。

じつは、

<<ゲーム中毒・ゲーム依存症とは (軽度)>>
<<ゲーム中毒・ゲーム依存症とは (重度)>>

で挙げた症状まで陥るには、やはり陥りやすい環境や特徴があるのです。


1 「毎日ゲームをするのが当たり前になっている」

・学校から帰ってきたら、まずゲームの電源を入れる。
・外へ遊びに行く時も携帯式ゲームを持参する。
・ご飯を食べ終わったら、真っ先にゲームの電源を入れる。

このように生活と切り離せなくなっていたら要注意です。


2 「寝室にゲームを持ち込んでいる」

・寝室にテレビゲームがある。
・寝室で携帯電話、またはDSなどの携帯式ゲームが出来る。
・寝室で子供がゲームをしている時間を親が把握していない。

寝室で好き勝手にゲームが出来る環境にある子供は
さらに要注意です。


3 「1日3時間以上ゲームに時間を費やしている」

ゲーム中毒・依存症に陥っている人は、そうでない人のおよそ
2倍の時間を毎日ゲームに費やしている、というデータがあります。


上記は、
‘ゲームが大好きでやめられない’=‘ゲーム中毒になる’
人の典型的な環境・特徴ですが、じつはゲーム中毒・ゲーム依存症に
なる人は必ずしも「ゲーム好き」だからではないのです。


<<ゲーム中毒・ゲーム依存症になりやすい環境・特徴とは 2>>に続く
| 2009年10月16日 | ゲーム中毒・ゲーム依存症について | - | - |

スポンサーサイト

| 2009年10月19日 | - | - | - |
Copyright (C) ゲーム中毒・ゲーム依存症になりやすい環境・特徴とは 1 | ゲーム中毒・ゲーム依存症にならない為に. All Rights Reserved.