---[PR]------------------------------------------
子どもにゲームをやめさせる方法
子どものテレビゲーム中毒・依存症克服マニュアル

--------------------------------------------------

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2009年10月19日 | - | - | - |

ゲーム中毒・ゲーム依存症が急増した背景

 近年、ゲームの世界は目覚しい発展を遂げています。
小さなお子さんから年配の方まで、さまざまな年代の人がさまざまなゲームで
遊べるようになりました。
それはゲームという媒体を通じて皆で遊べる楽しいひと時をもたらしてくれる
メリットもありますが、ゲームに没頭しすぎてゲーム中毒・ゲーム依存症といわれる
症状に陥ってしまう人も後を絶たないのが現実です。

テレビゲーム、携帯ゲーム、パソコンゲームと媒体はいろいろありますが、
ゲーム中毒・ゲーム依存症が急増した背景には、ネット上で不特定多数の人と
プレイできるオンライン・ロールプレイングゲーム(MMORPG)の普及が
最も影響していると考えられています。
なぜならひとつのゲームをリアルタイムに遊ぶことのできる
オンライン・ロールプレイングゲームは,
終わりのなさ,そしてゲームの中でのコミュニケーションの楽しさ、
などの点で特に依存しやすい傾向にあるからです。

| 2009年10月14日 | ゲーム中毒・ゲーム依存症について | - | - |

ゲーム中毒・ゲーム依存症とは (軽度)

 1日の大半をゲームに費やしてしまい、生活面で多大な悪影響を
及ぼしてしまうことです。
具体的には、

・睡眠時間の減少
・運動不足
・学力の低下
・生活リズムの乱れ
・時間間隔の麻痺

などがあげられます。

ゲームに没頭するあまり、このような悪環境から自力では抜け出せなくなる
子供が多く、そのためにゲーム「中毒」、ゲーム「依存症」と言う言葉が
使われています。

しかし、上に挙げた症状はまだ軽いもので、この程度の症状だけの場合は
ゲームをする際のルールをしっかり決めるなどの対応策をとれば、
改善される可能性は十分にあります。

| 2009年10月15日 | ゲーム中毒・ゲーム依存症について | - | - |

ゲーム中毒・ゲーム依存症とは (重度)

 <<ゲーム中毒・ゲーム依存症とは (軽度)>>で挙げた症状がさらに
悪化して、ほかにも

・人間(家族)関係の悪化
・切れやすい(家庭内暴力など)
・ひきこもり
・不登校
・現実感覚が薄れる(現実と仮想空間の区別がつかない)

などの症状が見られるようになります。

このような重度の症状があらわれると、自力での更生は難しくなります。
また、家族の言葉にも耳を貸さなくなり、注意をすればするほど
逆効果という悪環境に陥ります。

| 2009年10月15日 | ゲーム中毒・ゲーム依存症について | - | - |
Copyright (C) ゲーム中毒・ゲーム依存症にならない為に. All Rights Reserved.